自分の周囲からインスピレーションを受ける

美術館で心が落ち着くひとときを過ごしてみませんか?

先日、東京都現代美術館に「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」を観に行って来ました。


久しぶりの美術館は日常生活とは違った感動や静けさを 味わうことができ、心が落ち着く癒しのひとときでした。


ミナ ペルホネンは、デザイナーの皆川明さんが始めたファッションブランドで オリジナルの生地からデザインするのが特徴です。

現在はファッションにとどまらず インテリアや食器など、生活全般へその領域を広げてものづくりを手がけています。


自分の周りにあるものや、自然界からインスピレーションを受けた 生地のデザインは、見れば見るほど新しい発見があり、とても素敵なんですよ。


また、ミナ ペルホネンの特徴は流行にとらわれないものづくりをしていることです。 短いサイクルで大量消費されていく服ではなくシーズンを超えて、繰り返し使える服を 目指しているのです。


時の経過によって、使う人の人生に寄り添いより味わい深いものになっていくのを 楽しむことができる。素敵ですよね。


傷んでしまったり、穴があいてしまった服を“お直し”してくれるサービスもあり 長く大事に着ることができるんですよ。



美館で心が落ち着くひとときを過ごしてみませんか?きている私たちが 一瞬立ち止まり、自分と自分の周りにあるものをあらためて見つめ直す機会を与えてくれる そんな展示会でした。


自分が好きなものを、じっくり、ゆっくり心ゆくまで観ることができるのは 心の栄養補給になるものだと、あらためて実感しました。 あなたも、仕事の帰りに、または次のお休みに美術館へ行ってみませんか?

22 vues0 commentaire